英語の表現力を増やすためにシャドーイングをする

PR|プロの音声翻訳を低料金で

以前、1ヶ月ほどの海外短期留学を経験したことがあります。そのときはアメリカ人の方の家にホームステイして、近所の大学キャンパス内に設けられた学校で1ヶ月間集中的に学びました。

日本人も多い環境でしたが、韓国人やその他の国の人たちもいて、そういった人たちとコミュニケーションを取るときには日本語は一切使えないため、英語の実践という点で良かったと思います。

また、他国の人と交流することで、異文化に少しだけ触れることができ、視野が広がったようにも思います。

授業はアメリカ人の先生が担当し、全て英語で行われました。1ヶ月間そのような環境に置かれると、いやでも耳が鍛えられ、英語を聞き取ることができるようになってきます。

そうなってくると、ショッピングモールなどに出かけても、店員さんとコミュニケーションが取りやすくなります。
彼ら彼女らの言っていることが分かり、こちらからも話しかけやすくなるのです。

この体験を通し、英語は聞き取りさえできればなんとかなると思うようになりました。

そして帰国してシャドーイングの書籍を購入しました。英語が口からスムーズに出てこないのは自分の表現の幅が狭いからだと思っています。

英語で海外の人間とやりとりをしていても、同じような言葉をつかって毎回同じことをいっているように思います。新しい表現を使おうと思っても出てこないんですよね。海外の人とのやりとり自体もマンネリ化してしまっていて、新しいことを調べる気力もなくなっていて、これでは英語の勉強にはならないなともったいなく感じていました。

そこでシャドーイングをやることによって表現力を身につけていこうかなと思ったんです。色々な文章を耳から入れていって、さらには同じように発音していくことによって英語の表現が自分の身体に蓄積されていくのではないかと思うんです。

まだやり始めたばかりなので効果のほどはわかりませんが、やりながら悪くない方法かなと感じています。シャドーイングの書籍自体も会話に使える表現が沢山載っていて、いまの自分にとってちょうど良いものを買えて良かったと思っています。

PR|JALカード|初値予想|童話|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|生命保険の口コミ.COM|アフィリエイト相互リンク|お小遣いNET|貯蓄|オーディオ|健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|マッサージのリアル口コミ.com|内職 アルバイト|GetMoney|